スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【うp完了】Paradise Has No Border

「無生物音源祭」、参加しています。



某缶チューハイのCMの、スカパラ×さかなクンのあの曲です。

この曲がCMで流れ始めたころ、
「これ、打楽器以外全部UTAUでやれるかも!」と着手し、
ある程度できたところでそれっきりになっていたのですが。
無生物音楽祭をやると聞いて、急きょリメイクいたしました。

無生物音楽祭開催の報があったころ、
丁度、鼓美調ちゃん(ドラム音源さん)と
打弦奏くん(ピアノ音源)のプロジェクトが進んでおりまして。
そして、それらのプロジェクトは音楽祭に間に合いまして。

ゆえに、彼女ら・彼らを起用して「打楽器含め全部UTAU」にいたしました。
ドラムは同時に鳴らすプラグインもあるのですが、
個人的な主義によりバラ録です。(ほら、Mixもバラの方が良いし……。)

あと、ドラム以外の打楽器はうたどらさんにお願いしました。

うたどらさん、原音はちゃんと鳴ってるのに
エディタ上でタイミングがずれることがあって
長らく使って無かったのですが。
自音源弄ったりして多少知識が付いた状態で改めて見てみますと、

「あ、これ、原音設定?」と。

案の定、原音設定を弄ったらオンタイムで鳴るようになりました。
ボンゴとかコンガとかカウベルとか。重宝してます。有難うございます。

-----

動画は、文字と波形だけでシンプルに。
タイトルの文字配置は、原曲動画になるべく寄せたつもりです。
フォントとか、再現しきれてませんが。

スポンサーサイト

ボカロアカペラフェス2016を終えての雑感

というわけで。
一部の察しの良い方には途中からバレバレのようでしたが、
今年のボカペラフェスは

「開催7日間、毎日動画を投稿する」

を目標に、初夏辺りから仕込みをしておったのでした。
うーん、肩の荷おりたーーーー!

因みに。
今回の動画群で起用した面子を再掲いたしますと。

【1日目】サイバーサンダーサイダー:
 茅歌コナギ、香鈴、Lily、鏡音リン、黄咲愛里、
 須布音ニク、長月たまき(計7名)

【2日目】君が代:
 MEIKO、GUMI、巡音ルカ、初音ミク、氷山キヨテル、
 KAITO、がくっぽいど、VY2(計8名)

【3日目】Granada:
 Tonio、Prima、LOLA、LEON、BIG-AL(計5名)

【4日目】Born this way:
 戯白メリー、DAINA、Sweet Ann、AVANNA(計4名)

【5日目】Try Everything:
 吟黒ジュニ、渡音ニワ、獣音ロウ、鳶音エン
 戯歌ラカン、誠音コト、赤牙バン(計7名)

【6日目】けだものがきた:
 鏡音レン、Oliver、歌手音ピコ、Fukase(計4名)

【7日目】脱法ロック:
 赤咲湊、アルスロイド、欲音ルコ♂、声葉、YOHIOloid
 辛子音アキト、箱音シマ、ZOLA PROJECT(YUU、KYO、WIL)
 王縄ムカデ、招田タク、音魂屋二太郎(計13名)

こんな感じで、総勢48名でお送りしておりました。
(ZOLAさんは3人とカウント)

面子かぶりはしておりません。
面子かぶりはしておりません。

大事なことなので二回言いました(このフレーズ最近聞きませんね)。

ま、自己満足なのですが。
なかなか起用機会の無かった音源さんをここぞとばかりにねじ込みましたw
楽しかったです。

-----

しかし。いま他の方の作品群を拝聴しているのですが。

聴きつつ思うのは。

「脱法ロック」の記事でも書きましたが、
私最近、ボカロアカペラやるときに
調声とかダイナミクス付けとかさぼりぎみでしたよね……。
コピって合わせて終わりになってましたよね……。

次からは気を配ります(決意)。
もっと「聴かせる」アカペラ作品を作りたいです。

-----

といいつつ。

ただいま、ちょっと燃えつき症候群だったりもしますw

「終わったらあれやりたい、これやりたい。」
と思ってたはずですが、なんかぼんやりしてましてねえ。
どうしたものやら。

取り敢えずは、近々「無生物音楽祭」があるので、
(というか、既に開催期間中ですね。)
そちらに合わせてのなにがしを作っております。

ちょっと自分が関わったものだったりもするので。
その話も、また改めて。

テーマ:VOCALOID - ジャンル:音楽

【うp完了】脱法ロック

ボカロアカペラフェス2016参加作、最後のななつめです。



大トリ、のつもりで作った作品でした。
人数も一番多く投入しております。(計13名)

メインボーカルは、赤咲さんとアルスロイドさんと
どっちにするか正直迷ったのですが、
歌わせてみて赤咲さんの方がしっくり来たので、
赤咲さん起用と相成りました。
アルスロイドさんはハモリパートを担当してもらってます。

-----

元ネタは、けいとさんの「全部俺」動画です。



けいとさんのアレンジカバーを
カバーさせていただくのはこれが2回目です。
(前回のは『ドーナツホール』でした。)

このアレンジカバーも、けいとさんがご厚意で
メインボーカル抜きの音源を公開してくださってるので、
それも聴き込んでコピーいたしました。
あと、聴き取れなかった部分は原曲オケも参考に。

-----

調声は。
メインボーカルはそこそこみっちり、
後のパートはかなりあっさりです。

アップした今になって思えば、
もうちょっと強弱とか歌いまわしとか詰められたかなーと
思いましたが、まあ、その辺は次回以降の課題にします。

さいきんちょっと、調声さぼりぎみかも、という自覚は
ちょっとありまして……。

テーマ:VOCALOID - ジャンル:音楽

【うp完了】けだものがきた

ボカロアカペラフェス2016参加作、むっつめです。



実は、音源データ自体はずいぶん前にできてまして。
それをサルベージして作りました。

元々は、アルトの下パートはガチャポさんだったのですが、
Fukaseさんにバトンタッチして、
「少年合唱団」の度合いを強めております。

#『Try Everything』の後にコレだったので、
#「たまさんち、ケモノのほかにショタも居るんだ」と
#言われたのは良い思い出です。居ますよ!w

-----

Fukaseさんの口パクキャラファイルは今回のために自作しました。

……が、ちょっと、主線が太くて&塗りの雰囲気が違って
ちょっと他の3人から浮いてる感が。
妥協してそのまま進めちゃいましたが。

【うp完了】Try Everything

ボカロアカペラフェス2016参加作、いつつめです。



元ネタは、こちらのINSPiさんのカバー。



イラストも、そのワンシーンに準拠しております。

これ、元ネタの初見時から、
「全部UTAUの獣人キャラの音源さん」で出来たら
面白いだろうなあ、と思っておりまして。元ネタの映画的な意味で。

で、着手したのですが。
「手拍子」の音素を持つ音源さんがなかなか居なくて、
その辺が難航しました……。

で、Twitterで情報を募ったりして、なんとか探し当てたのが
「赤牙バン」さん(鬼と獣人のハーフの音源さん)。

情報をくださった某さん、本当にその節は、有難うございました。
(深々と礼)

-----

メインボーカルのふたり、吟黒ジュニさんと渡音ニワさんは
いずれも英VCCV音源さんです。
この曲と、前の「Born This Way」で、
ずいぶん英VCCV音源さんとは仲良くなれた気がしています。

そしてボイパ。
ボイパも、専用音素を持つ獣人音源さんがいらっしゃらなかったので、
「子音のみ」の音素が有る英CVVC音源さんを起用しました。
具体的には、誠音コトさんの英CVVC音源さんです。

ベースとコーラスは、日本語音源さんです。
英語曲の場合、メインさえ英語っぽくあれば
コーラス・ベースは日本語でも
ちゃんとそれっぽく聴こえますからねー。

テーマ:UTAU - ジャンル:音楽

【うp完了】Born This Way

ボカロアカペラフェス2016参加作、よっつめです。



メインボーカルは、かねてより起用したかった
UTAU女声の、戯白メリーさんの英VCCV音源。
日本勢でいち早くVCCVを録られた(しかも多音階!)先駆者さんです。

(てか現時点でも、日本勢で
 VCCVの配布までこぎつけてる方知らないんですが……。
 ニコ動で見ないだけで、
 配布されてる方いらっしゃるかもなのですが。)

そして、バックコーラスは、
うちでまだ出番の無かった英語女声ボカロさんたちです。
結構いらっしゃるんですよこれが。

DAINAさんとAnnさんとAVANNAさん。
DAINAさんはCYBER DIVAさん(実は居ります)と
どちらを起用するか悩みましたが、声質的にDAINAさんで。

なお、原曲はこちらのアカペラ歌唱バージョンです。



このアレンジの初見自体は結構前で、
ずっと機会があったらやりたいと思っていた曲だったので、
今回できて楽しかったです。

ちょっとハモリが上手く聴き取れないところとか、
誤魔化してやりくりしてますけどねーw

テーマ:UTAU - ジャンル:音楽

【うp完了】Granada

ボカロアカペラフェス2016参加作、みっつめです。
Tonioさんメインのスペイン語カバーです。



-----

今回のボカロアカペラフェス2016では、複数動画を投稿してますが、
一番苦労したのはコレでした。
音採りもでしたが、歌詞入れが特に。

スペイン語ならBrunoさんが居りますけど、
このソロはTonioさんの声で歌ってもらいたかったのですよ……。

今回は、英語DBでスペイン語を歌ってもらいましたが。
DBと異なる言後で歌わせるって、難しいですよね……。
イタリア語とかラテン語とか歌わせてるボカロクラシカ方面の方々、
尊敬します……。

テーマ:VOCALOID - ジャンル:音楽

プロフィール

たま

Author:たま
 
たまと申します。
歌声合成ソフト使いの
零細カバー専です。
男声と海外組贔屓。
たまにお絵描きもします。

主な生息地はTwittterです。
アカウント:@tama_3

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。