UTAU音源「長月たまき」リリースしました






こんなことして遊んでました。 - ボカロとUTAうつれづれ日記
【うp完了】「SILENCE」 - ボカロとUTAうつれづれ日記

↑の記事等にていろいろ試行錯誤しつつ、
長らく「自音源」とだけ呼んでたUTAU音源、配布開始いたしました。

名前を「長月たまき」と申します。以後、宜しくご贔屓に。

以下、作成の過程とか、配布の過程とかの語りになります。
長文になりますがご容赦を。

---------

<音源造りの切っ掛けについて>

もともと、英語ボカロさん(BIG-ALさんとかTonioさんとか)が好きで、
その流れで英語UTAUさんにも興味を持って、自分でも歌わせていたのですが。

それが「自分でも録ってみたい!」に変わったのはこの動画がきっかけでした。



「いままで聴いた中で一番滑らか!」から
「へー、英語CVVCねえ……。」と、収録技法に興味がシフトしまして。
(丁度日本語でもCVVCが流行り始めていた折でしたし。)

まあ、そのへんは後日、
「どの収録リスト採用しようと、最終的には中の人の発音スキルに依存する」
という残念な結論に落ち着くんですがねw

---------

<英語音源について>

しかし。英語音源は難産でして……。
なかなか納得いく出来にならず、かれこれ5回ほど録音しています。

1テイク目:2013年7月
2テイク目:2013年9月
3テイク目:2013年12月
4テイク目:2014年5月
5テイク目:2014年6月(←最終テイク)

……でしたかね。手元のメモによると。
細かい音素の録り直しも含めると、実際はもうちょっとやってます。

録音リストは、最終バージョン以外は
CzさんのFULL STRING'Dリスト(子音優先リスト)で録ってたのですが、
いろいろ実験した結果、最終的には、CzさんのFULL UNSTRING'Dリスト
発音しやすいように母音優先に組み替えたもので録ってます。

母音優先リストと子音優先リスト、
どっちが録りやすいかは人に依ると思いますが、
自分は母音優先の方が録りやすかったです。
発音が安定し、かつ、区切りが付けやすいというかで。

#ついでに言うと、最終テイクの直前に、
デルタさんの英語リストver4.0も録ってました。
#(リンク先はver5.0の記事ですが。)
#実はこれも一緒に配布しようかと当初は思ってたのですが、
#英語音源ふたつを自分で納得いく出来に仕上げるのはしんどいと思って
#今回は見合わせてしまいました。
#ただ、今後、チャレンジしてみたいという気持ちはあります。

あと。原音設定が大変でした。すっごく大変でした。

はじめは、エイリアス全部手打ちでやってたのですが。
(因みに、エイリアス数は約2,300あります。)
でも、途中でデルタさんがエイリアス&ある程度の原音設定を
自動生成してくれるツールを開発してくださってまして。

主用途は別の録音リスト用だったものを、
設定ファイルをちょっと弄らせてもらって、
自分が録ったリスト用のものにカスタマイズしました。
これによって、すっごく作業効率が上がりました。

ほんと……。ツール類開発する方ってすごいなと思います(小並感)。

で。肝心の原音設定ですが、かなり手探りでした。
「二重・三重子音のCVエイリアス」と「語尾に子音を残すタイプのVCエイリアス」
については、「これだ!」というチュートリアルが無かったもので。

なので、先行配布されてた同リストの音源さんのものを参考に、
試行錯誤しておりますが……。正直、これでいいのかは自信が無りません。

特に、「VCエイリアス」が。
私のだと、先頭に母音長めにとってるから、
他の音源さんより音符長長めor子音速度早めにしないと
きちんと発音してくれない傾向がありまして……。

このへんは、完全に私の原音設定独自の癖なので、
もしかしたら、あとで修正版を出すかもしれません。

---------

<日本語音源について>

さて。

「英語音源録りたい!」から始まった自音源作成ですが、
いかんせん当方、当時は録音方法も原音設定方法もロクに解りませんで。

そこでいきなり英語から、というのはハードルが高すぎるので、
先ずは日本語を録って慣れてから、という方針で作り進めてました。

で、作り進めていく中で、英語エイリアスと日本語エイリアスは
(日本語エイリアスをローマ字表記にしない限りは)
ひとつのUSTで混在できる、ということに気付きまして。

「せっかく日本語も録ったのに勿体ない。」
「それなら、いっそのことバイリンガル音源にしてしまおう!」

と言う方向で進めていくことにしました。
あくまで英語音源が主、日本語音源がおまけ、のつもりです。
(まあ、世間の需要がそうじゃないことは解っているつもりです。)

一番初めに2013年1月頃に単独音を録り、
単独音は計2テイクくらい、次に連続音で……つごう5テイクくらいしましたかね?
(この辺は記憶と記録が曖昧。)
連続音ははじめNHPの5モーラで録ってましたが、
途中からNHPの7モーラに切り替えてさくさくと録ってました。

いやー、日本語連続音は、SetParamで
原音設定とエイリアス付与を推定できるから、楽ですね!w
もちろん、推定で破綻したところは直してますが、それにしても、楽でした。

まあ、こう感じるのも、英語音源にチャレンジしたからこそなのだな、
と思っています。


あと。日本語音源にはもう一つ特筆すべき出来事がありまして。

実は、一番最初の単独音を録って歌わせた2013年1月当時におひとり、
「音源が欲しい」と言ってくださった方が居りまして。
その方に、当時の単独音バージョンを一式進呈しております。

実は制作過程でPCを変えたりマイクを変えたりしたので、
たぶん、現行配布バージョンとはだいぶ音質等、違うはずです。

あれから約1年半経って、ようやく公開にこぎつけたわけで。
なんやかんや感慨深いものがあります(*´ω`)

---------

<キャラクターについて>

「長月たまき」という名前ですが。
名前の由来は中の人が9月生まれだから上の名前が「長月」、
下の名前は中の人のHNをもじって、という感じです。

ついでに言うと、せっかく9月生まれなんだし、ということで、
音源リリース日は中の人の誕生日と揃えております。

名前自体は実は、結構前から決めていました。
上で、リリース前の単独音を進呈した話をしましたが、その時に既に
「こういう名前で……。」という話はした記録が残っておりますので。

見た目については。
自分が、音声合成キャラクタによくある「ちょっとサイバーな感じ」が苦手
(「好き嫌い」という意味ではなく「思いつかない」という意味でです)
なもので、いたって普通の勤め人めいた格好になりました。

年齢設定が三十路なのは、まあ、こう、
中の人とあんまり年が離れててもねえ、という。
そういう配慮的なものです(中の人は三十路越えてる)。

ほか設定については。
塾の英語講師、とか、チョコレート好き、とか、日本酒好き、とか。
思いついたキャラクタ設定はいくつか有るんですが、
なんかどれもこれもしっくり来なかったので、敢えて付与してはいません。
まあ、好きにやっていただければと。その辺は放任主義で。


女声音源さんについては低音の落ち着いた系統の声が好きで、
自音源もそちらの方向性を目指したかったんですが、
どうも、こう、中の人の声質との兼ね合いがですね……。
年齢の割に幼い(「若い」でなく「幼い」)のは自覚済みですので。

目指した方向性は、
葵コルリさんとか、地味音オトセさんとか、
歌笛モカさんとか、英翠韻製蘭さんとか、その系列なんですけれど
この辺のニュアンス、解っていただけるでしょうか。
(みなさん、勝手に名前出してすみません。)

---------

<配布へのもろもろについて>

名前が「長月」だから、デモ曲は月にちなんだ曲にしたいなあ、
とぼんやり思ってました。

候補に挙がったのは、

・Moon River
・Moonlight Serenade
・It's only a paper moon
・moonlight(moumoon) ←日本語・英語両バージョン有り
・月光
・月のしずく

……等々、でしたが、最終的にあの2曲になりました。

ちなみに、一番頑張ったのはデモ動画のオケ作成、次点は配布所サイト作り、
さらに次点は音源に同梱したりどみの英訳版です。

音源本体じゃないのかよ、という突っ込みは却下。

「自作オケで非ボカロ曲カバーを」、というところは個人的こだわりポイントでして。
あと、今回、デモ曲のオケをニコニ・コモンズに公開しています。
(著作権処理の関係上、ニコのプレミア垢でないとDL出来ません。)

ほんとは、UTAU用のUSTデータと合わせて
自サイトで配布したかったんですけどねー。
正直、権利処理が面倒で。

#JASRACさんに申請していくばくか使用料払えばオッケー、
#というとこまでは調べたんですけどね。
#同じ曲でもボーカルとハモリで2ファイルDLできるようにすると
#2曲分使用用払わなきゃいけない、とかややこしかったんで。
#もーいーかなー、とw

---------

裏話としては、そんなところでしょうか。
また思いの外長文になってしまいました。
いかんせん、それなりに思い入れがありますもので。

……えっと、取り敢えず、配布サイトの「英語音源講座」が
まだ公開できていないので、そこは近日中に何とかします。

目標公開日に間に合いませんでした……。すみません……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たま

Author:たま
 
たまと申します。
歌声合成ソフト使いの
零細カバー専です。
男声と海外組贔屓。
たまにお絵描きもします。

主な生息地はTwittterです。
アカウント:@tama_3

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR